競馬カジノドライヴがドバイ遠征へ

 競馬のダート王決定戦、第26回フェブラリーSで惜しくも優勝は逃したが僅差の2着だったカジノドライヴが、世界最高賞金レースのドバイ・ワールドCに予定どおり挑戦する。

 早くから素質を見込まれ、アメリカ遠征を敢行するなど英才教育を施されてきた経験もある同馬。今度は1着賞金360万ドル(約3億6000万円)のドバイ・ワールドC(3月28日、ナドアルシバ競馬場・ダート2000メートル)に向かう。

 日本一は惜しくも逃したが、世界一の舞台にこの悔しさをぶつける。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる