「パックマン」生みの親・岩谷氏にギネス認定

 TVゲーム「パックマン」の生みの親、岩谷徹氏がこのたびギネス認定され、オランダ・ユトレヒトで、認定証を授与された。

 1980年に生まれたゲーム・パックマン。世界中でヒットしロングセラーとなり今年は誕生して30周年にあたる。また、先日は米インターネット検索大手グーグルのトップ画面にも採用され話題を呼んだ。

 岩谷氏は「『パックマン』は、シンプルなゲームルールとデザインで構成されています。多くの老若男女にプレイできるようにしたことが、30 年もの長い期間、愛されたのかと思います。大変嬉しく、世界の方々に感謝したい気持ちで一杯です」と喜びを語った。

 岩谷氏は現在、東京工芸大学芸術学部ゲーム学科主任、日本デジタルゲーム学会理事、株式会社バンダイナムコゲームスフェローなどを務める。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる