故・ガンジーの遺品1.7億円で落札

 インド建国の父と呼ばれる、故・マハトマ・ガンジーのトレードマークにもなっていた丸い眼鏡などが5日、ニューヨークの競売会社アンティコルムでオークションに出され、インドの法人が180万ドル(約1億7600万円)で落札した。

 ロイター通信によると、落札予想価格は2、3万ドル。約40席の会場は立ち見のインド人らであふれ返り、価格は最初に提示された1万ドルからあっという間につり上がった。

 眼鏡のほか、懐中時計やサンダル、暗殺直前の食事で使ったとされる真ちゅうのボウルとプレートのセットで、一括で落札された。ガンジーが親族や英国の軍人に贈っていたものだという。
 
 しかし、所有者の米国人が直前に競売取り下げの考えを表明したほか、インドの裁判所が競売差し止め命令を出しており、競売結果は2週間、保留になっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる