米CEO報酬ランキング、1位は1600億円のエリソン氏

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは、米大手企業の最高経営責任者(CEO)が過去10年間に受け取った報酬を元にランキングを公表し、オラクル創業者ラリー・エリソン氏が約18億3500万ドル(約1600億円)で1位となったことがわかった。

 ランキングによると、2位はネット通信販売大手IACのバリー・ディラー氏で約11億4200万ドル、3位はオキシデンタル・ペトロリアムのレイ・イラニCEOで約8億5700万ドル、4位はアップルのスティーブ・ジョブズCEOの7億4900万ドル、5位がクレジットカード大手キャピタル・ワン・ファイナンシャルのリチャード・フェアーバンクCEOで5億6900万ドルとなった。

 調査は給与、賞与やストックオプションなどを換算。1位のエリソン氏は、オラクルの発行済み株式の23%を所有。ストックオプションの実現益が、報酬の97%を占めているのだという。

 また同紙の独自の調査によると、ここ10年の高額報酬CEOが経営する会社の株価が値上がりしているケースはごく一部で、 役員が短期間で株価を押し上げる高リスクの行動に走り、結果的に企業が打撃を受ける、とインセンティブ効果の弊害も紹介している。

 そうした中でも1位オラクル、4位アップルは例外でもある。


ラリー・エリソンCEO

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる