「mixi」アクセス障害を笠原社長が謝罪

 国内SNS最大手のミクシィのSNS「mixi」で10日から断続的に続いているアクセス障害の件で12日、笠原健治社長は「アクセス障害により、ユーザーの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 発表によると、原因は、データベースへの負荷軽減のために導入しているデータキャッシュシステムが複数同時に異常終了したことで、データベースへの負荷が急増したためだという。

◆経過は次のとおり
8月10日(火)
・17:20頃 システムの不具合により、『mixi』を閲覧しづらい状況となる。
・17:30頃 復旧作業を実施し、利用できるユーザー様を段階的に拡大。
・23:30頃 復旧作業の結果、全てのユーザー様の利用が可能となる。

8月11日(水)
・11:20頃 再び、データキャッシュシステムの不具合でを閲覧しづらい状況に。
・11:30頃 原因詳細の特定作業を実施。
・22:50頃 原因の詳細を特定、復旧作業を実施。利用を段階的に拡大。
8月12日(木)
・1:50頃 復旧作業の結果、全てのユーザーの利用が可能となる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる