17歳ハーパー選手に8億円=米大リーグドラフト

 米大リーグのドラフト会議が行われ、全体の1順目1位で17歳のブライス・ハーパー捕手(Bryce Harper)が5年総額990万ドル(約8億4000万円)で入団に合意した。野手では最高額となる。

 交渉期限直前の16日深夜ギリギリで決定した。ハーパー選手は17歳ながら「スポーツ・イラストレイテッド」誌から「野球界のレブロン・ジェームズ」と称されるほどの逸材。少年時代は打球を飛ばし過ぎるために、いつも年齢詐称の疑惑がついてまわったというエピソードが残っている。

 身長1メートル90、体重93キロという恵まれた体格から繰り出されるパワー、スピードと野球勘は早くもアレックス・ロドリゲス選手級の成功は間違いないと言われているほどだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる