NY金相場1228ドルで6月以来の高値水準

 17日のニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)の金相場は、外国為替市場でのドル資産からの回避先として買われて続伸し、取引の中心となる12月限月物は前日比2.10ドル高の1オンス1228.30ドルで取引を終えた。今年6月末以来、約1カ月半ぶりの高値水準。

 ドルが外国為替市場で、円やユーロに対して値下がりしていることから、ドル資産の目減りを回避する目的で、安全資産として金への移行が見られた。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる