京都 五山の送り火

毎年 、8月16日の夜8時から、京都では 五山の送り火が灯されます。

お盆の間、この世に戻っていはりました ご先祖様の魂が、この送り火に見送られ あの世にお還りになるのです。

如意ヶ獄に灯された「大」文字から始まり、「妙・法」「船形」「左大文字」「鳥居形」と、順に、京の五山に灯されます。

「妙法」のお経に伴われ、「船形」の船に乗り、「鳥居」をくぐって、あの世へ お還りになるのだと聞きました。

毎年、この送り火を眺めながら、故人となりました 身内や友人達に しみじみと 想いをはせます。

一緒に 送り火を眺める人々と 故人のことを思い出し、昔話を 語り合うことも大切です。

年に一度、こうして、あの世へ旅立った人達のことを思い出し、感謝の気持ちを新たにすると共に、自分の人生を 振り返ることは、スピリチュアリズムにおいても、理にかなったことと思います。

こうして 送り火が 終わりますと、たとえ 残暑が厳しくとも、夏の終わりの 一抹の寂しさを感じ、いよいよ秋やなぁ~との感慨に浸る 京都人達なのです。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる