次に寄付する大富豪は誰か?オッズ公開

 大富豪ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツの両氏が提唱する、資産の半分を事前活動に使うプロジェクト「Giving Pledge」。大富豪たちに呼びかけて賛同者を募っているところだが、次に誰が賛同するのかが賭けの対照となっている。

 何でも賭けの対象になるのは米国らしいところ。米ブックメーカードットコムが、ヘッジファンドマネージャー19人を対象に独自のオッズを計算した(現在は削除)。

 同サイトの計算によると、「署名すると思われる」1位はジョン・ポールソン氏(11.8%)、2位カール・アイカーン氏(11.1%)、3位ジョージ・ソロス氏(10.5%)となっている。

 すでにラリー・エリソン氏、ジョージ・ルーカス氏、マイケル・ブルームバーグ氏、テッド・ターナー氏らが署名賛同の意思を表明している。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる