世界最大級のバンブー建築で受けるのびのび教育

バリ島ウブド、360°の緑に包まれた学校が注目の的


 「のびのび」「すくすく」――

 このふたつの修飾語は、子供の育て方の理想だろう。そして、誰もが連想するのが自然と触れ合うライフスタイルだ。五感で自然の光や風を味わうことは、知識以前の人間性と感性を育んでくれる。

 アメリカのCNNでも紹介されるなど、世界的な注目を集めている大自然のなかの学校が、インドネシアのバリ島にある。その名も「グリーンスクール」。場所は芸術の都ウブドに近い渓谷沿いで、熱帯雨林とアユン川に囲まれた10ヘクタールもの敷地を持つ。さらに特長的なのが、遠くからでも目を引くその校舎だ。

 バリ建築の様式を生かし、竹と萱葺きでつくられた流線型の形状で、学校というより広大なヴィラのような印象。窓はなく、エアコンは設置すらされていない。自然の風と川のせせらぎを感じながらの勉強は快適で、左脳をリラックスさせ、右脳を心地よく刺激してくれる。トイレはコンポスト式、給食のほとんどが自家菜園のオーガニック野菜を使用、アユン川の渓流を生かした水力発電を導入するなど、そのエコロジーぶりは徹底している。


 教育面も充実。シュタイナー教育のエキスパートやエンジニア、心理学、環境学、科学、アート、メディアの学士号を持つ教師が参加している。授業は基本的に英語で、インターナショナルバカロレアの基準を満たしており、将来は自国であるいは別の国での進学も可能だ。もちろん、周囲の自然と触れ合うカリキュラムは満載。こうしたユニークな教育方針に共鳴し、海外からここへの就学を目的に移住する家族もいるそうだ。現在、島内に家がある生徒以外はホームステイだが、生徒の増加に合わせ、寮の建設が計画されている。

 ゆとり教育とは、決して机上で計算する授業のコマ数だけではない。建築、環境、教育のレベルを含め、トータルで考えられるべきだろう。神々の島のエコ・エデュケーションは、まさにその理想形。プリミティブであるからこそ最先端の教育は、都会からの逃避ではなく、未来への投資といえる。

 短期留学からでもトライアルの価値は大だ。

日本語での問い合わせ
http://www.bali-tours.com/index-j.html

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる