ナオミ・キャンベルさんは宝石業界から追放か

 英国人スーパーモデル、ナオミ・キャンベルさんが、「ブラック・ダイヤモンド」といわれるシエラレオネ紛争の資金源に使われる違法なダイヤモンド原石を、テーラー元リベリア大統領から受け取っていたとされる事件。ついにファッション界の女王も、ひれ伏すときが来たのか―。

 長年トップブランド広告に登場してきた彼女といえども、今後は、ジュエリーブランドからの仕事のオファーはもはや致命的、と言われているのだ。

 英テレグラフ紙によれば、ダイヤモンドの世界的機関である『ダイヤモンド・インフォメーション・センター』の関係者も、「こうなった以上、たとえナオミに落ち度がなかったとしても、今後彼女と仕事をすることはダイヤモンド業界にとってマイナスにしかなりません。テーラー元大統領と関わり合いになりたいジュエラーなんて、どこにもいませんから」と語っているというのだ。

 過去にナオミさんがモデルとして仕事をしてきたジュエラーは「グラフ」「デイヴィッド・ヤーマン」など業界をリードする高級ジュエラーばかり。「モンデラ」の60カラット、5000万ドルのダイヤモンドを身につけてコレクションに出演したこともあった。

 ドラッグやアル中、暴力沙汰にはとても対応が甘いファッション業界だが、政治に絡んだ暗い事件となると、どうでるか。ナオミさんがダイヤモンドを身につけて表舞台に出られる日はくるのか、裁判の行方とともにファッション業界の反応も気になるところだ。


ナオミ・キャンベルさん。右はドロニン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる