キム・ヨナ選手の世論支持率41.7%でオーサー氏を圧倒

 フィギュアスケートの五輪金メダリスト、キム・ヨナ選手と、コーチを電撃解任されたブライアン・オーサー氏とのメディアを介しての激論は、韓国を二分するほどの大騒ぎとなっているが、このたび行われた調査で、ヨナ選手の支持の方が大きいことがわかった。

 韓国紙・韓国経済の報道によると、世論調査専門機関リアルメートルによる調査の結果で、「キム・ヨナ選手に共感」が41.7%、「オーサー氏に共感する」の15.3%を大きくう上回った。

 ただし「よく分からない」という立場を取る人が最も多く、43.0%。どちらを支持するかで言えばヨナ選手だが、どちらかはハッキリ分からないというのが本音なのかもしれない。

 世論調査までしてしまうほど、韓国内では重大な問題だということだろう。ただ、覆水は盆に帰ることもなさそう。ヨナ選手はすでに気分一新して練習を再開しており活動拠点を移す予定。何の未練もなさそうで、完全に袂を分かつことになりそうだ。

 ただ、おさまらないのはオーサー氏の方ではないだろうか。今後は担当する選手たちが活躍しなければ、バンクーバー五輪の金メダルはヨナ選手が強かっただけ、ということになる。自分が優れた指導者であることを証明するためには、優れた選手を探す必要が出てくる。今後は、オーサー氏からも目が離せない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる