致死率60%の鳥インフルでダイワボウ株など上昇

 2日の東京証券取引所は、感染すると致死率60%とも言われる高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)がインドネシアで豚への感染が報じられたことで、インフル関連の代表格であるダイワボウホールディングス、シキボウ株がそれぞれ上昇した。

 この報道がきっかけで、ダイワボウが前日比7円高の182円、シキボウが前日比5円高の108円となった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる