押尾学被告初公判、芸能人を裁く初の裁判員裁判

 合成麻薬MDMAを使用した銀座のホステスの体調が急変したにも関わらず放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優・押尾学被告(32)の初公判が3日午後、東京地裁で行われる。芸能人が被告では初めて裁判員裁判となる今回のケース。被告は無罪を主張すると見られているが、「一世一代の大芝居」に裁判員が正しい判断をできるかという点でも注目が集まっている。

 検察側は、すぐに措置すれば命の助かった可能性を突くと見られ、一方の押尾被告側は、は、必要な措置をしたが女性はすぐに死亡したと主張することが予想される。また、薬物使用に関しても、女性が自分で持っていたという主張をしてくるだろう。

 沢尻エリカさんが、TVで涙の謝罪をしたが、それは“ウソ泣き”であったことを白状するなど演技力で心象は随分と変わってくる。裁判員が元々、押尾被告に持つ好き嫌いの感情、またこうした演技など余計な要素を除いて、客観的に判断がでいるかどうか、注目されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる