NFLで試合中にツイッター、罰金200万円

 NFLはベンガルズのWRチャド・オチョシンコ選手が、試合中にツイッターを使用していた、として罰金2万5000ドル(約211万円)の処分を課していたことがわかった。

 NFLのルールでは、選手とコーチは、試合開始90分前からソーシャルメディアなどにアクセスしてはならず、インターネットアクセスはおろか、携帯機器、パソコンなどの所持は
できないことになっている。

 だが、8月20日の試合で、試合開始前約1時間前と、試合中と合計2度の書き込みが行われていたという。

 チャド選手はかつて、ソーシャルメディアへのアクセスが禁止と決まった時も、「抜け道を見つけた」とも話すなど、確信犯でもあった。

 さらに、チャド選手はオールプロに2度も選出されたことのあるスター選手だが、過去には試合中にタッチダウンを決めた後にコスプレをして罰金、審判にわいろとして紙幣を渡すジョークをして罰金などヤンチャすぎる。 

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる