スイス政府、脱税調査で国際基準受け入れ

 ロイター通信によると、スイス政府は13日に声明を発表し、脱税調査に関する他国との情報交換について、経済協力開発機構(OECD)が設定する国際基準を受け入れることで合意したと発表した。 

 同日開幕する20カ国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議では、タックスヘイブン(租税回避地)についても協議が行われる見通し。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる