ヒューレット・パッカード前CEOがオラクル入りか?

 コンピュータ製造最大手ヒューレット・パッカード(HP)を辞任したマーク・ハード前CEO(53)が、米ソフトウエア大手オラクル入りへ向けて、水面下で動き出した、とウォールストリートジャーナルが報じている。

 オラクル創業者ラリー・エリソン氏と、ハード氏は友人。ハード氏が女性契約社員との関係を隠すための不適切な会計処理でHPを辞任に追い込まれたが、その際にはエリソン氏がニューヨークタイムズに、ハード氏の辞任はアップルがジョブズ氏を追い出したに等しい、などとする内容の電子メールを送り付けたほど。

 ハード氏は、HPを世界最大のパソコン・サーバーメーカーに成長せた立役者であることに違いない。問題はどのポジションなのか。創業以来これまで君臨してきたエリソン氏も66歳となるが、いまだ経営の実権を握っている上に、筆頭株主でもある。CEOの座をアッサリと明け渡すとも思えない。

 一方のHPはハード氏の後任探しを米ヘッドハンティング会社Spencer Stuartに依頼している。


マーク・ハード前CEO

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる