ベッカム夫妻、23億円“ベッキンガム宮殿”の売却検討

 デヴィッド・ベッカム&ヴィクトリア・ベッカム夫妻が、英ハートフォードシャー州に所有する“ベッキンガム宮殿”と呼ばれる大邸宅を売却する意向であることが明らかになった。

 英メディアによると、ベッカム夫妻は米ロサンゼルスに今後永住することを考えており、故郷である英国の豪邸を売却することに決めたという。この豪邸は1999年に250万ポンド(約3億2500万円)で夫妻が購入したものだが、現在は最大1800万ポンド(約23億4000万円)の価値があるだろうと不動産業者は見積もる。

 ベッカム夫妻は、デヴィッドさんが米国のサッカーチームに入ったことをきっかけに、2007年からロサンゼルスを拠点に生活。ビクトリアさんはロサンゼルスでのセレブ生活にすっかり浸っているという。

 夫妻は英国とロサンゼルスのほかに、フランスの城、ドバイの邸宅など世界中に家を所有している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる