FXで1ドル=100円の板誤表示(外為どっとコム)

 外国為替証拠金取引(FX)大手「外為どっとコム」は、実勢とかけ離れた為替レートを投資家に配信し、それに基づいて約定した取引をすべて不成立とすることを発表した。

 発表によると、6日午後3時34~42分の8分間、投資家に対して実勢とは大きく違う数値を表示しており、これを見て注文を出して約定した取引があったものの、すべて不成立にするという。

 ドル/円、ユーロ/円で、1ドル=100円、1ユーロ=100円などという実態の為替相場とは違うティックが表示されていたようだ。同社は「本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます」としている。

 同社システムでは、7月13日にもレートの誤配信があり、その際にも取引は不成立としている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる