麻薬カルテル首領が富豪ランク入りにメキシコ政府反発

 米経済誌フォーブスの世界の富豪ランキングに、メキシコの「麻薬カルテル首領」が含まれていることに、メキシコ政府が反発している。推定資産額は約10億ドル(約980億円)で、701位だった。

 CNNによると、首領はシナロア・カルテルのグスマン・ロエラ容疑者で、2001年にメキシコの刑務所を脱走し、指名手配されている。

 メキシコ連邦検察庁はフォーブスの記事に「犯罪人が有名人のような扱いを受けることを断じて受け入れない」と主張している。カルデロン大統領も、反メキシコのキャンペーンのようにも見えると批判した。
 
 ロエラ容疑者は過去30年間にわたり、北米、中米、南米で麻薬密輸に関与したとされている。米政府は捕そくにつながる有力情報に500万ドルの報奨金も約束しているとも述べている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる