HPが前CEOのハード氏を提訴

 米コンピューター大手のヒューレット・パッカード(HP)は、前最高経営責任者(CEO)で、オラクル社の社長に起用されたマーク・ハード氏に対して、守秘義務に抵触する恐れから、カリフォルニア州地裁に訴えを起こしたことがわかった。

 ウォールストリートジャーナルによると、ハード氏はHPから受け取る3500万ドル以上の退職手当てを受け取る代わりに、2年間はHPに関する機密情報を開示できないという点で抵触する、とHPは見ているという。

 つまり、サーバー事業など競合関係にあたる事業もあり、厳密に守秘義務を全うするのは難しいと思われる。

 ハード氏は、HPを立て直した功労者である一方で、社長室の女性契約社員に絡む不適切な会計処理で、HPを去った。だが、友人でその手腕を高く買うオラクル創業者ラリー・エリソン氏に社長に迎えられた。前日に社長就任が発表されたばかり。


マーク・ハード前CEO

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる