「伝説」と韓国紙に報道された浅田選手の新コーチ

 フィギュアスケートの浅田真央選手(20)のメーンコーチに佐藤信夫氏(68)が就任したと発表された。お隣の韓国でも関心は高く佐藤コーチ就任を各紙が報じており、「伝説」と
の報道が多く、キム・ヨナ選手陣営にとって脅威だと見ているようだ。

 国論を二分する騒ぎともなっていたキム・ヨナ選手と、前コーチのブライアン・オーサー氏との問題はもう解決したのか。各紙が今度は浅田真央選手のメーンコーチに佐藤信夫氏就任を伝えた。複数メディアが、佐藤氏を「伝説」と神格化しているのだ。

 現役時代は、全日本選手権で前人未到の10連覇を達成し、国際舞台でも活躍。今年、世界フィギュアスケートの殿堂入りも果たした。自身の長女佐藤由香さんを指導して1994年の世界選手権優勝をはじめ、五輪金メダリスト荒川静香さん、安藤美姫さんらを指導。現在は男子の小塚選手らを教えている。

 日本での実績はずば抜けており、ヨナファンや韓国メディアには「伝説」と恐れられるのも当然か。ジャンプ、振付はもちろん、スケート靴の調整にも長け、しかも人柄も良く、スケート界からの信望は厚い。

 佐藤氏は新横浜を拠点にしているために、名古屋を拠点とする浅田選手とは物理的に難しい面もあったが、浅田選手は、小塚選手のように名古屋と新横浜で練習をするのだという。

 韓国も恐れる伝説の男も68歳。4年後のソチ五輪では72歳。スケート人生の集大成を浅田選手に注ぎ込むだろう。


佐藤信夫氏と小塚崇彦選手

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる