バフェット氏が投資先の中国BYDを視察へ

 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が9月27日に中国の自動車メーカー「BYD」を訪問することがわかった。

 中国紙「人民網」によると、セダン車の工場を視察、さらに同社幹部との会合などを経て30日には米国に帰国するのだという。初の現地視察ということもあり、今後の投資について、より踏み込んだ話をするものだと見られる。

 2008年9月に投資を開始、発行済み株式の約10%を保有する大株主となった。バフェット氏の保有額は当時で約3000万ドル(約25億円)にも上った。「バフェット銘柄」となったBYDはその後は株価も上昇した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる