初のペイオフ発動へ、日本振興銀行破綻

 金融庁は10日、日本振興銀行に対して行政処分を行い、同行は東京地裁に民事再生手続開始の申立てを行う。預金者一人当たり元本1000万円までとその利息の合計額は、預金保険制度によって保護される。ペイオフが初めて発動される方針。

 1971年に預金保険制度が創設されて以来、初めて預金保険制度が制定されることになる見通しの日本振興銀行。ただ、ペイオフに該当するのは約3500人で約100億円で、預金者全体の約3%にとどまるようだ。

 市場などはあまり反応はなく、金融不安への影響は限定的だと見ているようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる