アブダビ政府ファンド、SBIがアフリカ投資ファンド設立

 アブダビ政府系投資ファンドのインベストAD(旧アブダビ投資会社)は13日、日本のSBIホールディングスと、アフリカに投資する1億ドルのファンド設立を発表した。

 発表によると、出資は両社が折半し、ナイジェリア、ガーナをはじめアフリカ諸国に幅広く偏らずに、上場株、未公開株、新規株式公開(IPO)などに投資していくのだという。運営にあたっては、両社の共同出資で、新たにファンドマネジメント会社を設立する予定。

 「Invest AD」は、1977年に設立された。ADはアラブ首長国連邦アブダビ政府系のアブダビ投資評議会(ADIC)の子会社として、中東、アフリカの成長市場に投資を行っている。現在はアフリカの上場企業を対象とした投資ファンドのほか、中東、北アフリカの上場企業、未上場企業を対象とした投資ファンドなどを運用している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる