第一生命が3000億円の永久劣後ローン、一部報道

 第一生命保険が、永久劣後ローンで3000億円規模の資金を調達を行う、と報道されたが、同社は「開示すべき事実はない」とコメントした。

 日経新聞の報道によると、第一生命が自己資本強化のために、永久劣後ローンで3000億円規模の資金を調達するという。新基準では、通常の劣後ローンは資本とみなされないが、永久劣後ローンは資本とみなすことができる。さらに、すでに複数の金融機関と資金調達の話し合いに入ってもいるという。

 第一生命株株は、この日は反発し午前の終値は 前日比1500円高の10万7500円だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる