NY金が史上最高値を更新

14日のニューヨーク商品取引所の金相場は大幅高となり、欧州経済への懸念やドル安を背景に急伸し、取引の中心となる12月物は一時1オンス=1276.50ドルまで上昇。また終値でも、前日比24.60ドル高の1271.70ドルと過去最高値を更新した。

 ドイツの景況感悪化や、ドル安に対して、資産の逃避先として金に買いが集まり、取引時間中に最高値を更新し、その騰勢を保ったままで取引を終えた。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる