ロンドン、NYでも1ドル=82円台

 14日のロンドン、ニューヨークの外国為替市場で、円は一時、1ドル=82円台にまで上昇する場面があった。82円台は95年以来15年ぶりの円高水準となる。

 同日は民主党代表選で、菅直人首相が再選し東京市場で円高が進行。その流れをロンドン、NYともに引き継いで、円買いの動きとなった。菅首相は、為替介入には慎重派と認識されており、躊躇なく円が買い進まれた。

 15日の東京市場は午前、83円~83円10銭で推移している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる