AIG賞与1億円以上73人、9割税金で回収か

 米保険大手AIGが、従業員73人にそれぞれ100万ドル(約1億円)以上のボーナスを支給したことが17日明らかになり、米議会は、賞与に90%超の税金を課し、国庫に回収する立法措置に着手した。

 時事通信によると、ボーナスはフランク下院金融サービス委員長あてのクオモ・ニューヨーク州司法長官の書簡で判明。最高額は640万ドル(約6億3000万円)に上り、11人は支給直後に退職した。同社は総額4億5000万ドル(約445億円)を支給する計画で、既に2億2000万ドル(約218億円)が支払われた。

 AIGは米政府の公的支援を受けている。
 

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる