UAE大富豪の新ステータスシンボル「鷹の冠」

 アラブ首長国連邦(UAE)の富豪たちは、ペットの鷹にいかに贅沢をさせてやることができるかどうかが、一つのステータスシンボルとなっているのだという。そこへ、鷹が着用する冠にダイヤモンドがちりばめられたものが4万ユーロ(約450万円)で売り出されることになった。

 UAEでは鷹は、アラブ社会で国鳥とされ、王族が鷹狩りを行う風習があったり、紙幣にも鷹の模様が印刷されている。

 そうしたUAEの社会の中で、イタリアメーカーがオーダーメイドで鷹用の冠が発売することになった。受注から完成まで1カ月ほどかかるそうで、ダイヤモンドが散りばめられたものなど、希望に応じて作成される。

 鷹をかわいがるのはいいのだが、鷹にとっては、いい迷惑のように見えなくもないが…。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる