ノーベル賞有力候補にiPS細胞の山中教授ら

 トムソン・ロイターは21日、10月4日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆けて、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表した。

 今回、新たに有力候補として加えられた研究者は21人。日本からは医学・生理学分野で山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長・物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)教授、化学分野で北川進京都大学iCeMS副拠点長・教授、経済学分野で清滝信宏プリンストン大学教授が選出された。

 「トムソン・ロイター引用栄誉賞」は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用数に基づいて、各分野の上位0.1パーセントにランクする研究者の中から選出。主なノーベル賞の分野における総被引用数とハイインパクト論文(各分野で最も引用されたトップ200論文)の数を調査し、ノーベル委員会が注目すると考えられるカテゴリに振り分け、各分野で特に注目すべき研究領域のリーダーとなる候補者を決定する。2002年から昨年までに、同賞にノミネートされた研究者のうち15名が実際にノーベル賞を受賞している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる