NY金が一時、1オンス=1300ドルに迫る

 22日のニューヨーク商品取引所の金相場は、取引の中心となる12月限月物が、一時は1オンス=1298.00ドルまで上昇し史上最高値を更新し、取引が続けられている。これで最高値更新は5営業日連続となった。

 前日21日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)が、低金利政策を継続することを決めたために、ドル安傾向は続く見通しとなったことで、ドル資産が目減りするのを防ごうとの思惑で、金への買いが継続するきっかけとなった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる