NY金が連日最高値1オンス=1296ドル

 23日のニューヨーク商品取引所の金先物市場は続伸し、取引の中心となる12月限月物は前日比4.20ドル高の1オンス=1296.30ドルで取引を終えた。最高値を連日更新中。

 米FRBによる、追加の金融緩和政策を見据えたシナリオが背景にあり、市場にもはやドル安は避けられないとの認識ができつつあり、ドル売り、金買いの一連の流れが形成されているようだ。利益確定の売りを吸収しながら、心理的な節目となる1ドル=1300ドルも近付いている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる