Facebook創業者が公立学校に1億ドル寄付

 世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Facebook(フェイスブック)」の創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏(26)が、米ニュージャージー州ニューアーク市の公立学校に1億ドル(約85億円)を寄付することが明らかになった。

 ザッカーバーグ氏はニュージャーシー州のクリス・クリスティ知事、ニューアーク市長とともに、24日に放送される米人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演し、寄付の詳細を発表する。

 ニューアーク市は米国内でも特に教育水準が低く、教育制度の改革が急務とされる。ザッカーバーグ氏は教育問題に以前から興味があり、ニューアーク市の教育制度を改革するために、今回寄付を決意したという。

 「Facebook」は5億人以上のユーザーを抱える世界最大のSNS。ザッカーバーグ氏はフォーブス誌が22日に発表した米長者番付では、総資産69億ドル(約5860億円)で35位にランクインし、42位だったアップル社のスティーブ・ジョブズ氏を超えたことでも注目を集めている。


マーク・ザッカーバーグ氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる