NY金が初の1オンス=1300ドル台

 24日のニューヨーク商品取引所の金先物市場は続伸し、取引の中心となる12月限月物は一時、1オンス=1301.30ドルを記録し、初の1300ドル台に到達した。現在は1300ドルを挟んでの攻防が続いている。

 連邦公開市場委員会(FOMC)が追加で金融緩和措置の可能性を示したことで、ドル安の見通しが続いていることや、ドル資産の目減り、欧州の財政破綻懸念などもあり、金に継続的に買いが入っている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる