年収3700億円の男「さらに儲けやすくなる」

 昨年の年収が3700億円とヘッジファンド史上最高額となった、デビッド・テッパー氏(53、David Tepper)がCNBCに出演し、金融市場への中央銀行の介入は「株式市場をはじめ、ほとんどすべての投資の選択肢が広がる」と歓迎した。

 FRBが開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、今後は必要に応じて追加の金融緩和措置を取っていく意思があることを示したばかり。これを受けて、テッパー氏は「ほとんどすべての投資の選択肢が広がる」と市場介入を歓迎。その上で「今後3カ月は経済は良くなっていくだろう。債権や金よりも株式がより魅力的だろう」と語った。

 テッパー氏はヘッジファンド会社アパルーサ・マネジメント(Appaloosa Management)の代表で、総運用資産は約120億ドル。旗艦ファンドの昨年のリターンは132%という驚異的なパフォーマンスだった。


デビッド・テッパー氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる