日給250万円、71歳スーパーモデルがまた立った

 英ロンドンで先日行われた、ロンドンファッションウィークで、71歳になる往年の名スーパーモデル、フェルシュカ・フォン・レンドルフさん(71 Veruschka von Lehndorff)が、ランウェイに登場し、ショーを沸かせた。

 エイジレスファッションで登場したレンドルフさんのこの日の様子を、ファッション誌VOGUEは「世界の驚異の一つ」と称した。1960年代、70年代前半を中心に活躍し、その後は映画などにも出演している。

 1939年に東プロイセンで生まれ、戦争時には不遇だったが、二十歳でスカウトされ1960年代からモデルとして活動。1970年代のモデルの仕事がファッションショーが中心だった頃は、1日で250万円以上の収入を稼いでいた時期もあった超売れっ子。現在と時代背景こそ違うものの、のギネス記録を持つジゼル・ブンチェンさん以上の稼ぎぶりでもある。

 現在はニューヨークのブルックリンで、シェアアパートで友人と猫とともに暮らしているのだとか。貯えがないそうで、そもそもの今回の出演理由は、そういうところにあるのではないかとも見られる。

 レンドルフさんは「名声とはバブルのようなもの」と2005年のテレグラフ紙のインタビューで語っている。現代の売れっ子スーパーモデルが例外なくビジネスウーマンの側面を持っているのとは対照的に、「宵越しの銭は持たない」タイプの旧き良きスーパーモデルなのかもしれない。

 現役最高齢は78歳、カルメン・デロリフィチェさん。


フェルシュカ・フォン・レンドルフさん(1971年)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる