富裕層のカード決済額、中国が月800万円でアジア首位

 中国招商銀行が16日に公開した統計報告から、中国の富豪は毎月クレジットカードで8万5000ドル以上(800万円以上)消費しており、カード決済額がアジア首位だということがわかった。

 レコードチャイナなどによると、招商銀行は昨年、顧客の1%に当たる高所得層を対象に、預金高に応じて利用限度額を設けないクレジットカードの発行を開始。2009年1月の時点でカード決済額は、同行のカード利用者全体の平均と比べて実に約50倍、国外での使用頻度も平均の3倍に上ったという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる