武富士が一部報道を否定

 消費者金融の業界最大手・武富士が会社更生法申請の手続きを検討しているとの一部報道について、同社は「弊社が発表したものではございません、事業再構築のため、現在、様々な方策を検討し、実施しているところですが、会社更生法の申請決定を行った事実はございません」と否定した。

 同社はこの日は、寄り付き前から取引停止、監理銘柄に指定された。結局166円売り気配のままだった。

 同社は借入金、社債などを含めて負債総額は約4000億円で、過払い利息などもあり、さらに膨らむ模様だ。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる