沢井製薬Vs.キョーリンHDは事実上の終了か

 沢井製薬が、キョーリン製薬ホールディングの株式公開買い付け(TOB)を検討している件で、キョーリンの主要株主である創業家が株式を一定期間は売却しないことで合意した大量保有報告書を提出していたことがわかった。

 荻原年氏、荻原弘子氏らが提出した変更報告書によれば、2人と、株主アプリコットは17日付で保有株を処分しない契約を約束を交わしたという。

 同社株を巡ってはすでに、沢井製薬が株式約5%を取得。株式公開買い付け(TOB)による買収の意思表示をしている。先週に入り、すでにキョーリン株は急騰している。

 キョーリンは売上規模で沢井の2倍にあたり、キョーリンが2010年3月期の売上997億円に対して、沢井製薬は500億円。だが、株式の時価総額においてはキョーリンの方が割安な水準にある。

 沢井にとっては魅力的に見えたキョーリンだが、TOBの成立はこれで事実上難しくなったと言えそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる