クライスラーのためにフェラーリIPO?

 フィアットグループが、米クライスラー株の過半数を獲得するためにフェラーリのIPO計画があるとする一部報道について、同社のスポークスマンは否定した。

 フィアットは現在、クライスラー株を20%保有している。過半数にまで押し上げるための資金調達にあたってフェラーリ株のIPOが取りざたされていた。2004年に就任したグループCEOのセルジオ・マルキオーネ(Sergio Marchionne)氏が、現在の最優先課題としてクライスラー再建を捉えているのだと言われる。

 こうした背景もあり、ロイター通信がフェラーリのIPOの可能性があることを報道していた。これを受けて伊の各メディアは、スポークスマンが否定した、と報道している。

 現在フェラーリ株は85%をフィアットが保有。次に5%をアブダビの投資会社が保有しているが、マルキオーネCEOは、この5%を買い取りたい意向を持っているとも言われている。

 ニューヨークタイムズによると、フェラーリ株は31億ドル(約2600億円)の価値があるとも報道されている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる