低学力ほどリスク志向で意欲的

 低学力の中学生の方がリスク志向で将来の企業にも意欲的であることが、NPO法人「次世代育成フォーラム・リスタ」の調査結果でわかった。

 同調査は全国約2万人の中学生を対象に行い、大学卒業後の進路に関して、学年が上がるほど、また高学力の層ほど「日本の企業や組織に就職する」と回答した割合が増加し、「個人で活動する」と回答した割合が減少。転職については積極的でしたが、より高いリスクの伴う起業について消極的である傾向にある。

 その一方で、起業については低学年かつ低学力層ほど「チャレンジしてみたい」という回答が多くなった。高学年かつ高学力層ほど「安定志向」で、低学年かつ低学力層ほど「チャレンジ志向」だという傾向が出た。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる