7割の女性が年収1000万円以上の男性と結婚したい

 年収1000万円以上の独身男性と結婚したいと考えている20代~40代の未婚女性(1150人)の割合が、「とても結婚したい」が10.4%、「どちらかというと結婚したい」が61.5%と、全体の71.9%に上ることがわかった。

 絶対数が極端に少なく競争率が高くなりそうだが、射止めるのは女性はどのような人なのか。結婚するために最も大事だと思うことは、1位は「性格(32.2%)」、2位「外見(27.6%)」と続いた。

 ただし、結婚できても油断はできない。妻にふさわしいのはどんな女性だと思うかを複数回答で聞いたところ、62.3%が「気配りができる」と回答。以下、「機転がきく(52.3%)」、「社交的な性格(49.7%)」、「料理が得意(43.0%)」と続いている。

 20代女性は容姿、学歴、仕事のスキル、コミュニケーションスキル・料理が得意・夫を持ちあげるなど、すべての項目で30代、40代女性よりも高い数値となり、20代女性は妻として年収1000万円男性を支えるのは相当に高いレベルのスキルが必要だと認識していることがわかる。

 また、未婚女性がお金持ちだと思うのはどのレベルだろうか。年収「800万円以上」が34.1%で最多、2位は「1000万円以上」が33.5%と僅差でそれに続いた。3位の「2000万円以上」は12.9%だった。


出典:アイシェア

 ドリームメールとアイシェアの共同調査

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる