露企業、5年後に初の宇宙ホテル開業目指す

 ロシアの宇宙開発企業エネルギア(Energia)は30日、民間人宇宙旅行者のための史上初の「スペース・ホテル」建設計画を5、6年後の開業を目指して進めていることを明らかにした。

 この計画はエネルギアと露オービタル・テクノロジーズ(Orbital Technologies)社の共同プロジェクトで、2015年オープンを目標にしているという。最大収容人数は7名で、宿泊料など詳細は発表されていない。

 宇宙ホテルは国際宇宙ステーション(ISS)と同軌道に62マイル離れて置かれる予定で、宇宙ホテルと国際宇宙ステーションのクルーが行き来できるようにするという。ホテルの利用客はロシアの宇宙船ソユーズで宇宙ホテルに到達する。

 宇宙ホテルの計画は他の民間企業も進めており、ライバルは多い。他企業では3泊4日で5億円という価格設定を発表しているところもある。ヴァージン・ギャラクティック社を中心に、これまで商業用宇宙旅行をどの企業が最も早く実現できるかに注目が集まっていたが、さらに宇宙ホテルを巡る競争がこれに加わりそうだ。



露エネルギアの宇宙ホテルのイメージ

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる