東大がハンカチ王子を攻略し2年ぶり勝利

 東京六大学野球秋季リーグの東大ー早大戦が2日、神宮野球場で行われ、早大のハンカチ王子こと斎藤佑樹投手を攻略した東大が4対2で勝利し、2008年秋季リーグで法政を破って以来の4季ぶり(2年ぶり)の勝利をあげた。

 プロが注目する斉藤、大石の両投手を東大が攻略。三回裏に山越徹選手の二塁打などで2対2の同点に追いつき、その後も六、八回裏にもそれぞれ1点ずつ加えて逃げ切った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる