日銀が4年3カ月ぶりのゼロ金利導入

 日銀は5日の金融政策決定会合を開催し、政策金利の誘導目標を年0.1%から0~0.1%へと引き下げることを全員一致で決定した。ゼロ金利は4年3カ月ぶり。これを受けて、東京株式市場は急騰し、東京外国為替市場は円安になった。

 この日午後1時38分に日銀が、会合の結果を発表。東京外国為替市場では、ドル/円相場は1ドル83円50銭台から一気に90銭台まで売られる場面があるなど、円安基調となった。株式市場では、日経平均株価も発表の直後から、9300円台から一気に9500台へと買い進まれた。

 また、会合では、市場への資金供給量を5兆円増やす金融緩和も同時に決定している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる