故ハリー・ウィンストン氏の32億円ピンクダイヤが競売へ

 競売大手サザビーズが11月16日にスイス・ジュネーブで開催するオークションに、米高級宝飾店「ハリー・ウィンストン」創業者の故ハリー・ウィンストン氏が所有していた希少なピンクダイヤモンドが出品される。予想落札価格は最高3800万ドル(約32億円)。

 出品されるのは、台座に24.78カラットのピンクダイヤモンド「Fancy Intense Pink Diamond」がのった指輪。60年以上前にハリー・ウィンストン氏が売却したもので、それ以来市場に出ることはなかった。落札予想価格は2700万ドル~3800万ドル(約23億円~32億円)。10月6日までは香港のサザビーズで展示されている。

 サザビーズのヨーロッパ・中東の宝石部門部長デヴィッド・ベネット氏は「サザビーズにおける35年の経歴のうちに、私は多くの素晴らしい宝石を見てきましたが、これは今までに見た中でも最高のダイヤモンドの1つです」とコメントしている。

 ピンクダイヤモンドは世界のダイヤモンドに占める割合が2%未満のため、大変貴重とされる。香港では昨年12月、1カラットあたりの値段が世界最高額となった5カラットのピンクダイヤモンドが1080万ドル(約9億2000万円)で落札されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる