映画製作のハブ目指すドバイ、「ミッション・インポッシブル4」撮影

 米俳優トム・クルーズさんが主演するスパイアクション映画「ミッション・インポッシブル4」の一部がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイを舞台に撮影されることが同国政府により発表された。撮影期間は11月から3週間以上で、他のロケ地より長くなる予定。

 現地メディアによると、同作の撮影は数週間以内にスタートし、少なくとも3週間は撮影が続く見通し。その間、キャストとスタッフ計400人以上がドバイに滞在することになり、現地ホテルにも経済効果が期待できる。またドバイ当局は、ハリウッドの大物スターが同国を訪れることで、ドバイ危機のマイナスイメージを覆し、ドバイが今後も様々な機会と成功の象徴であると印象付けることを期待しているという。

 ドバイは近年、世界の金融と高等教育のハブに加えて、映画製作を含めたエンターテインメントのハブも目指しており、2004年から年に1度の映画祭をスタートさせた。今後も同作のような映画撮影のロケ地として、積極的にロケ誘致を行っていくという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる