中国富豪番付、1位は資産1兆円のワハハ会長

 中国富豪の長者番付「胡潤百富(Hurun Rich List)2010」が発表された。1位は飲料最大手の杭州娃哈哈集団(ワハハ)の宗慶後会長で、総資産は120億ドル(約1兆円)だった。個人資産が10億元以上の富豪は中国で1363人に達し、胡潤百富を設立したルパート・フージワーフ氏は「富豪の人数が今世界で最も多いのは中国だ」と話している。

 2位は医薬品メーカー、深セン市海普瑞薬業の李リー会長とその一族で、総資産60億ドル。3位は玖龍紙業の張茵会長で56億ドル、4位は建設機械メーカーの三一重工の梁穏根会長で54億ドル、5位はインターネット検索大手、百度の李彦宏CEOで53億ドルだった。

 今回リストに掲載された中国の富豪は1363人だが、そのうち213人は今回初めてランクインしたという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる