NY金が一時、1オンス=1351ドル

 6日のニューヨーク商品取引所の金先物市場は、取引の中心となる12月限月物は、前日比7.40ドル高の1オンス=1347.70ドルで取引を終了し、史上最高値を更新した。また、取引時間中には一時、1オンス=1351.00ドルまで上昇する場面もあった。

 外国為替市場で、ドルが円やユーロなどの通貨に対して安く、ドル資産から金への移行の流れは止まりそうにない。また、金への割高感から買いが集まっている銀も、前日比+0.31ドル高の23.04ドルで取引を終え、高値を更新している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる